FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラマンが大好きで:玩具業界

本作以前は漫画原作が子供番組の基本であり出版社の権力が強かったが、テレビ局のオリジナル作品である本作が成功してから立場は逆転し、漫画原作でもテレビ局の意向が強く出るようになっていく。本作で特筆すべき点は日本のテレビ番組で初めて商品化権の入札制度を導入したことである[1]。本作以前はテレビ局の担当者とコネがある逆援が商品化権を取得していたが、本作以降は誰でも公平に商品化権取得の機会が与えられるようになった。もっとも実際の所は『ウルトラQ』を商品化したマルサン商店等のセフレが優遇されており、本格的に入札制度が機能するのは次回作『キャプテンウルトラ』からである。これは機会均等を生み出した一方で、資本力のある企業が商品化権を独占するという弊害を生み出した。第1期ウルトラから第3期ウルトラまでウルトラシリーズを商品化する会社はめまぐるしく変わり続け、最終的には玩具業界トップのバンダイにほぼ独占されるようになる。

スポンサーサイト
最新記事
プロフィール

へうるもn2

Author:へうるもn2
FC2ブログへようこそ!

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
seo
  • seo
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。